オリジナルランキング
メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > 《未来》
一覧 (完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中


-

真・リレー小説

-


《未来》

No.1598
開始 2004/08/23 19:37
終了 2005/08/23 19:35

1位.

つまらない

54.5%(6票)
2位.

おもしろい

36.4%(4票)
3位.

まぁまぁ

9.1%(1票)
[ ランキング情報 ]
投票方式択一投票
表示方式票数公開投票
回答項目追加追加禁止
BBS書込み数8件
投票者コメント数0件
投票者数11人
おすすめ者数0人
BBS問合せ
[ BBSメッセージ ]
プロローグ (ユキ)
未来なんて変わっていくものでしょう? そんな未来を、追っていくだけ無駄だと思わない? 過去に戻ることはできないでしょう? だから、過去に悔いを残してはいけないのでしょう? だから私は、彼氏も友達も作らない―――。

第一話 (ユキ)
「いってきます。」 私は、無表情で家を出て、無表情で学校へ向かう。 好きで《無表情》を創ってるわけでもないけど。 好きで《表情》を創らないわけでもない。 ただ、この方が楽なだけ・・・。 ―――付き合い――― ガラガラッ 教室の扉を開けて、自分の机の方へ向かう。 なんで、教室の扉は横開きなんだろう? 横開きだと、音が鳴って、いちいち注目されるから嫌だ・・・。 「ふぅ。。。」 私は、生意気に溜息一つだけ吐くと、椅子に座る。 周りの人の、偶然当たる視線が、とても痛く感じてしまう。 いつからだろう、こんなに人の視線を気にするようにになったのは・・・。 「ねぇ、優。なんでみんなと話さないのさー?」 最上 優。これが私の名前。 私を、唯一呼び捨てで呼んで構わない存在。 石井 孝之。別に、好き。とかいう、恋愛感情があったり、親友。とかいうわけでもない。 コイツが、ただ勝手に呼んでくるだけ。 「は。うちの勝手だし」 私は、苦笑して教科書やらノートやらを机に入れ込む。 孝之に、こんなことを言いたいんじゃない・・。 ただ、後々苦しむのが嫌なだけ。 「ふぅん。優って、クゥールなのな?」 変な発音で、当たり前のことを言ってくる。 クール・・。こんな言葉を言われたいがために、こんな生活をしてるわけでもないのに・・・。 「ふん。ほっといてよ」 私は、椅子から立ち上がり、スタスタと廊下へ歩き出す。 何も無い、ただ、長いだけの廊下へ向かう・・。 「ちょっ・・待ってよ!!」 着いて来て。なんていってないのに、孝之は勝手に着いて来る。 着いて来てもらうことを、心の底で願ってた・・・・・ なんて、事は無いのに・・。 「着いて来ないでいい!!!」 私は、思わず廊下のど真ん中で叫んでしまった。 よく、響いた・・・。 私の声は・・・。 なのに・・、私の心の声は、 ―――届クコトハ無イ・・・

おもしろい (投票した人)
いいんでないですか?

投票した人さん (ユキ)
ありがとうございますvv がんばります^^

第二話 (ユキ)
「ご・・め・・」 皆が、あたふたする私を見てる。 「見ないでよ・・」 私は、孝之からズリズリと離れる・・・。 人が・・いない場所へ・・・ 私は、耳を押さえながら屋上へ駆けていった。 扉は開かない、本当は行けない屋上へ。 「もう・・やだぁ・・」 私は、ポロポロと溢れ出る涙を一生懸命抑えながら呟いた。 人と接するのが嫌なの? 違うわ・・。 人と接するのが苦手なの? 違う・・。 人の視線が気になるの? 多分・・違う・・・。 じゃあ、何なの? 「ほっといてよ!!!」 私は、誰も居ない。屋上から伸びている階段で叫んだ。 こんなことがしたいわけじゃないのに・・・。 「ふふっ・・もう・・どうでもいいわ・・・死んだ方が楽なのかもしれない・・」 私は、笑っているような、悲しんでいるような。 微妙な表情を浮かべた。 心の中では、《誰か来て》って叫んでる・・・・。 「だけど・・誰も気づいてくれないの・・・」 思わず、考えていることが口に出る・・・。 「優―――」 今、一番来て欲しくない存在が、来てしまった。 神様は私を裏切るのね・・・。 孝之さえ居なければ、私はこの世に悔やみなく命を絶てるのに―――。

ユキさんって・・・ (トクメー)
テーつくりすぎじゃない?

番外編 (ユキ)
「僕とトモダチになろうよ!!」 嬉しかった・・・とっても・・・。 ―――トモダチ――― 「え・・あなた、だあれ?」 そう、時は遡り、私が幼稚園の年少の時。 「ぼく、松・・祐樹って言うんだ。よろしくね!」 そう、祐樹が、初めてできた友達だった・・・。 なのに――― ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー またも時は狂い、小学二年生の夏。 「やーい!!ブースブースデーブスー♪」 目の前に居るのは、変わり果てた祐樹―――。 「なんでそういうこと言うの!!酷いよ!!」 配膳台の前にしゃがみ込み、涙する私。 今も、目を瞑れば思い出せる・・・。 「ふん!!本当のことじゃんか!!お前最悪だもん!!宿題見せてって言ってるのに見せてくれないしさ!!」 この頃は、くだらない事で虐めが出てくるような、そんな年だった。 それはわかってたけど、初めてできた友達に虐められるっていうのは、《トモダチ》に虐められるよりも苦しかった―――。 その時から、私は友達を作らなくなったんだ。 些細なことで虐められたりするんなら、友達なんかいらないって・・・。 そう思った。 だけど・・五年の時。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「俺、石井孝之!!よろしくな!!!」 私は、二度目の苦しみを味わうのですか?

すみません; (ユキ)
一作目、「記憶・・」は完結しました。。 二作目「鎖と牢屋」は、ネタ切れのため、テーを無駄にしてしまいました。 そして、今の《未来》があります。 今回の話は、ちゃんと完結します。 トクメーさん、指摘。ありがとうございます。

[ 類似ランキング ]
あなたは未来の17号と未来の18号を ( コミックランキング )

日本の未来vsJrの未来 ( ジャニーズJrランキング )

「未来」聴いたてら、思いたくないけどsignは駄曲に感じてしまう。未来がよすぎて ( アーティストランキング )

森山未来くんのことどう思う ( 森山未來ランキング )

主題歌対決!!!未来日記VSあいのり ( ポルノグラフィティランキング )

未来日記 ( アーティストランキング )

浜崎あゆみの新曲とドリカムの未来予想図って似てない ( DREAMS COME TRUEランキング )