オリジナルランキング
メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > 小説書きます☆
一覧 (完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中


-

真・リレー小説

-


小説書きます☆

No.1927
開始 2005/01/22 16:45
終了 2005/02/22 16:45

1位.

ダメ

60.0%(3票)
2位.

面白い

20.0%(1票)
2位.

普通

20.0%(1票)
[ ランキング情報 ]
投票方式択一投票
表示方式票数公開投票
回答項目追加追加禁止
BBS書込み数2件
投票者コメント数0件
投票者数5人
おすすめ者数0人
BBS問合せ
[ BBSメッセージ ]
プロローグ (テー作(のな花)
いつからこうなったんだろう いつから私はこうなったの? いつもいつも 辛い――― 暗い暗い暗い・・・世界にいるみたいで・・ 何も見えない   見たくない。 誰か 助けて・・・・・

第一話 (のな花)
『バーカ!!!!お前生きてる価値ねぇんだよ!!!』 『しねよ』『うざいんだよ』『消えろ』 そんな言葉が私にいつものように飛び交う・・ 皆は、助けてくれやしない 『今日は~!!!お楽しみのッ!!!アレ♪』 私をいじめるグループのリーダー『加藤 モウコ』が 言う。 こいつには誰一人と逆らう奴は居ない。 『おい、本蕪木ちゃぁ~ん??』 うざい・・お前らが、消えろよ 『昨日は勝手に帰ってたけど、今日帰ってたら  どうなるかわかってるよねぇ??』 うざい・・うざい・・うざい・・ 私は、加藤とは絶対目をあわさなかった。 すると、加藤が舌打ちして バンッ!!!!!!! 私を蹴り上げた。 『ッ・・・』 『うざいなぁお前。なんとかいったらどうだ?』 消えろ おまえしね 消えろ 『・・・・・・・ゴメンナサイ・・・』 加藤は私の髪をつかんで、 『ふん・・』 といってつばをかけた。 『んじゃぁな。放課後』 心の中でしか言い返せない。私。 あいつらが行った後、わたしはむなしく