オリジナルランキング
メニュー検索ヘルプ
オリラン > BOOK・雑誌 > ファッション雑誌 > [ニコラランキング] > ストロベリーです!またニコラ小説書きます!
一覧 (完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中


-

ニコラランキング

-

[ 投票数推移図 ]







ストロベリーです!またニコラ小説書きます!

No.530178
開始 2017/04/17 23:32
終了 2017/07/17 23:32

1位.

よむ。ありがとうございます!できたらコメントしてもらえるとうれしいです!

72.7%(16票)
2位.

読まない!(気が向いたら呼んでください^^*)

27.3%(6票)
[ ランキング情報 ]
投票方式択一投票
表示方式票数公開投票
回答項目追加追加禁止
BBS書込み数6件
投票者コメント数0件
投票者数22人
おすすめ者数4人
BBS問合せ
[ BBSメッセージ ]
(ストロベリー)
カヤとカイトのエロ小説書きます! カヤ「カイト!放課後体育館裏に来て!」 カイト「うん」 カイト(心)なんだろ。 カヤ(心)よしっ。 ~放課後~ カヤ(心)まだカイト来なさそうだし…オナニーしちゃ おうかな… クチュクチュクチュクチュ カヤ「んっ…ふぇっ…ぁぁんっ…」 カヤ(心)やばい…イキたいけど…カイトがきちゃう! クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ カヤ「あぅっ…あっあっぁぁぁぁ…あっあっイクッイッち ゃうぅぅ!」 カイト「なんだろ?」 ガラガラ カヤ「イクッイクッイクッあっぁぁぁぁあんっ…イクッイ ッちゃうぅぅ!」 カヤは気づいていない。 カイト(心)勃ってきた!カヤも気づいてなさそうだ し…そのまま後ろに回って…目隠しして…いれちゃえ!

(ストロベリー)
バサッ カヤ「キャッ誰?」 チャリン(手錠をかけた。) カヤ「こんな格好恥ずかしい…」 目隠しされてても分かる。股が大きく開かれていること が。 カイト「何言ってんの?さっきまでオナってたくせに。」 カヤ「み…てたの……?」 カイト「ふつーにね。」 カヤ「…」 カイト「てことで。もう俺の我慢出来ないからいれさせ て頂きます。」 カヤ「待って!らめっ…」 ズボッ カヤ「あっうっ…いっ…あっあっあっ…あっあっあっ…」 カイトは腰を激しく動かす。 カヤ「あうっ…あっぅあっぅあっぅ…あっあっ…あぁぁっ… そんなに…あっあっあっあっあっ…激しく…あぁぁんんん んっ…イッちゃう…」 カイト「俺も…」 カヤ「あぁぁぁぁぁぁああ…あぁぁんっ…あっぁぁ…イク ッイッちゃうぅぅ……はぁはぁ」 カイト「くっ…」

(ストロベリー)
カイト「舐めて。」 カヤ「やらっ」 カイト「じゃなきゃ…」 ジュルジュル(マンコを舐めた) カヤ「ひゃんっ…ぁぁぁぁあ…らめっらめっあっあっ…」 カイト「じゃぁ舐めて。」 カヤ「はぃ…」 ズブっ カヤ「んぐぐえ…ぐっ…んっ…んぐぐぐ…」 カイト「いいよ。」 カヤ「ぐっぐっぐえぅ…」 カイト「だっ…だめだっ…口の中出すっ!」 ピュー カヤ「ぐえっ…ゲホッゲホッ」 ジュルジュル カヤ「ひゃんっ…ひゃぁぁっあぅっ…んんんんっ…あぁぁ んっ…らめっあっ…ぁぁぁ…ぁぁぁぁああっあっっっらめ っっさっきからぁー…ぁぁぁぁあんっあぁぁ…イッてばか りだったからぁー…ぁぁぁぁああっ…ぁぁぁぁあんっ…ひ ゃぁぁっあぅっ…らめっ…敏感に…ぁぁぁぁあんっあぁぁ んっ…イクッイクッイクッあ…ぁぁぁぁあ…イクッイッち ゃうぅぅ…ぁぁぁぁああっ…」

(ストロベリー)
カイト「明日もやろうぜっ!」 カヤ「カイトならいいよ!」 end

(ストロベリー)
終わりです! 次はカノンと知らないオヤジのエロ小説書きます! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 編集部「カノン!あのね。B塔に契約書があるから明日 までに持ってきといて!」 カノン「はい!」 カノン(心)B塔って結構離れてるんだよなぁ… 編集部「もぅ7時半っ!?みんな!気をつけて帰って ね!」 ニコモ「はーい!」 カノン(心)さっさと行って帰ろ! B塔… カノン「結構明るい!」 ガラガラ カノン「確か…ここだったような…なにこれ…」 カノンは顔が赤くなった。それは電マとバイヴだったか ら。 カノン「これって…気持ちいいのかな?いつも指だからな ぁ~やってみようかなぁ…」 ヴィーン(カノンのマンコにあてた) カノン「ひゃぁぁっあぅっ……何これ…やばい…」 もっと強くあてた カノン「ひゃんっ…ひゃぁぁっあぅっ…ぁぁぁぁあんっ…」 カノンはここなら誰も来ない。と思ってた。でも…カノ ンは窓を開けたままヤっていた。 ヴィーン カノン「あっぅ…ぁぁぁぁ…」 ガラガラ カノン(心)隠さないと!でも! 知らないオヤジ「おやおや?1人でヤっちゃってるの?」 カノン「…」 知らないオヤジ「おじさんが正しいヤり方を教えて上げ る!」 カノン「大丈夫です!」 知らないオヤジ「いいから。早くやるよ!」 カノン「やめて!離して!」

(ストロベリー)
チャリン 知らないオヤジ「残念。軽すぎたね。じゃぁヤってあげ る。」 ヴィーン カノン「ひゃぁぁっあぅっ…ぁぁぁぁ…ぁぁぁぁぁぁぁぁ ぁぁぁぁ…ぁぁぁぁあ…っっっ…ぁぁぁぁあ…らめっ…んん んんっ…んんんんっ…くっ…くんっ…あぅっ…」 知らないオヤジ「もうねおじさん我慢できないよ…」 ズボッズボ カノン「きゃぁぁっ…んんんんっ…あっあっあっ…いだ… い…」 知らないオヤジ「まだ処女なの。じゃぁもっと動かして 上げる。」 ズボッズボッズボッ カノン「ぁぁぁぁ!…あっあっあっあっ…んんんんっ…く っ…いっん…くぅぅぅぁぁぁぁっ…やめれぇー…ぁぁぁぁ あんっ…ひゃぁぁっあぅっぅぅ…イクッイクッあっぅぅぅ ぁぁぁぁ…イクッイッちゃうぅぅ…ぁぁぁぁあっ…はぁは ぁ」 知らないオヤジ「よく出来ました。次は電マとバイヴ両 方でイってもらうね。」 ズボッ ヴィーン カノン「イったばかりなのに…ひゃんっ…ひゃぁぁっ…ぁ ぁぁぁあ…ひゃんっイクッ…ぁぁぁぁあ…ぁぁぁぁああ っ…らめっもう…ぁぁぁぁああっあっ…ぁぁぁぁあ…なん かっ…でるぅぅぅ…ぁぁぁぁあんっあぁぁぁぁぁぁあ…」 びシャー カノン「はぁはぁ」 知らないオヤジ「敏感になっちゃった?」 ズボッ カノン「ぁぁぁぁあんっあぁぁぁぁ…」 こうしてカノンの初体験は地獄で終わった。 end

[ 類似ランキング ]
りぼんの小説書いて下さい。(書く漫画はbbsに書きます) ( りぼんランキング )

りぼんの小説書いてくださいっ!(過去の小説はダメです・・) ( りぼんランキング )