oriran
真・リレー小説 0人利用中メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > [れんあいしょうせつかいて~] > ランキングテーブルBBS
一覧(完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中掲示板

真・リレー小説

ページ2次へ

れんあいしょうせつかいて~

No.11
開始 2003/04/15 15:37
終了 2004/04/15 15:37

1位.

NO

1票
2位.

設定はBBSをみて

0票
2位.

YES

0票
[ メッセージの書き込み ]
タイトル
名前登録ユーザは独占名使用可能
メッセージ (400文字まで)0文字



まり

ww

ねぇ!超オススメなリアル恋愛小説見つけた!
「乙女のお悩み」の「恋愛」の中にある8639番の小説!
見て損はないよ!!!!
[No14] 2003/07/29 22:45info


jっっっk

こきこき【大大大大大お大】                                                                                           こきこき【大大お大】
[No13] 2003/05/31 20:54info

っっっk



。。。

;;;;;

ママ①「早くしなさいよ」              こども「わかってるよ」
[No12] 2003/05/31 20:53info


どうしよう・・・。

美耶:・・・なんですかこれは。
真地:いいから読んでみなさい。
えぇ~~、やだなぁ、なんか・・・。大体なんで真地先輩がこんなの持ってんだろ。
とりあえず、資料に目を通してみた。
なんの進展もないです。ごめんね。
[No11] 2003/05/03 17:09info

ホシコ



かっちゃん

書かないほうがいいなんて人はいないよ★

真地:伊藤さん!
美耶:ん?
ゲ…生徒会長
真地(まち)先輩は顔はきれいだし
性格もいいんだけどどうも近寄りがたいっていうか
……話しづらいのよね
真地:あなた松岡さんと仲がよろしいの?
美耶:え!?そんな風に見えます!?
私は真地先輩の手を握った。
真地:……見えたわよ。
美耶:ホントですか?やったぁ!
真地:彼のこと好きなのね?
美耶:え…っ
真地:………
美耶:………
真地先輩は私の目を見ていた。
私は何も言う言葉が浮かばずただただ
真地先輩の視線に目をそむけていた。
真地:会長としていうわ。あの人に近づくのはやめたほうがいいわ
美耶:なっ
あたしが真地先輩に反論しようとしたとき
真地:これ!彼の前の学校でのデータ……これを読んでも好きと言えるの?
真地先輩は手に持っていたファイルから
松岡君の写真のついた資料を手渡してきた。
[No10] 2003/04/22 01:16info


かいてみる・・・

ー次の日の朝ー
美耶・松岡君おはよー!(きょうもかっこいいわW)
広賢・あぁ・・美耶か・・・おはよ!
美耶・(え!?呼び捨て?ちょーうれしいし)あぁってなによー
広賢・いや・・・お前って、剣道部なんだよな?
美耶・・・・?そーだけど?なんで?
広賢・えっと・・・まぁ、なんだっていいじゃん!きにしない、きにしない。
美耶・???変な松岡君・・・
つーか、超下手だし!書かない方がよかったですね
[No9] 2003/04/21 00:03info

αγくるり



りな

第4話

その日あたしは落ち込みながら家に帰った。
美耶:ただいまぁ
美耶母:おかえり。あっ美耶、ちょっとお薬買ってきてくれない?ママ頭が痛いの・・・。
美耶:えっ・・・うん、わかった。
しょうがない・・・美耶は近くのコンビにに行った。
中にはいるとカッコイイ男の子がいた。
美耶:だれだろう・・・?!でもカッコイイw
美耶はその男の子の近くまで寄ってみた。
美耶:えっ?えぇ~???あれって広賢くんじゃん??
美耶はチャンスだと思い、話かけることにした。
美耶:ねぇ?A組の広賢くんでしょ?
あたしC組の伊藤美耶。今日ぶつかったの覚えてない?
広賢:あっ!覚えてる!あんときはごめんな。
美耶:えっ?あれはあたしが悪いんだよ?
広賢:でも俺なんかイライラしててお前にあたっちゃってさっ。本当にごめん。
美耶:あっううん。別に気にしてないから
広賢:そっか、よかった。じゃあ俺そろそろ行くわ。
じゃあなっ!!
本当はすっごい気にしてたんだけどね(><)
でも良かったwちょっと仲良くなれたしw
あぁーかっこよかったなっ!!
[No8] 2003/04/18 22:55info


第3話

あたしはすごい作戦に出た。
わざとぶつかって顔を覚えてもらう、という作戦だ。
朝あたしは広賢くんがくるのをみはからってこの作戦を実行した。
★ドンッ★
美耶:あっごめんなさいっ!大丈夫だった?
本当にごめんね・・・。
広賢:うん、べつに大丈夫だし。
そういって広賢くんはさっさと行ってしまった。
美耶:結構冷たい・・・(><)
はぁ、あたしっていつも見かけだけで判断しちゃうんだよね・・・。直さなきゃ。
あれじゃあ顔も覚えてもらってないよ・・・。
[No7] 2003/04/18 22:42info

実佳



あかね

第2話

でも広賢くんとはクラスも違うし、あたしの名前も多分知らない。あたしは「マンガみたいな恋がしたい」タイプ。
広賢くんならマンガみたいな恋が出来るような気がした。
だから好きになったのかもしれない。
でも広賢くんは結構モテる。
転校初日から広賢くんに近づいていったライバルはいっぱいいる。
よぉーし!明日から積極的に行こう!
まずは名前だけでも覚えてもらわないとっ!
[No6] 2003/04/18 22:34info


どうもw

ありがとうw小説書いたの初めてなんだ!
続きは思いつかないのでまた今度・・・ごめんねっ!
[No5] 2003/04/15 21:00info

美穂


ページ2次へ



Copyright 1999-2019 Oriran, Inc.