oriran
真・リレー小説 1人利用中メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > [夢見子(ユメミゴ)] > ランキングテーブルBBS
一覧(完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中掲示板

真・リレー小説

ページ2次へ

夢見子(ユメミゴ)

No.1876
開始 2004/12/22 13:51
終了 2005/12/22 13:51
確定
1位.

つまらない

3票
2位.

おもしろい

2票
3位.

はやく読みたい!

1票
4位.

まあまあ

0票
[ メッセージの書き込み ]
タイトル
名前登録ユーザは独占名使用可能
メッセージ (400文字まで)0文字


おもしろい

ん~。。いい感じかもね!!
[No17] 2004/12/24 18:41info

投票した人



唯笑

続き

「悪かったね、親がいないんだよ。入れて」
そう言うと私はズカズカと秋杜の家に入り込んだ。
秋杜は、はあ・・と大きく息を吐いてしぶしぶドアを閉める。
「散らかってんぞ。」
秋杜はそう言うとマグカップを二つ出した。
中身は暖かい紅茶。
私はいつも人の家に来たら暖かい紅茶を飲むんだ。
それが例え・・夏でも。
「サンキュ。ってかうちの家よりマシ。だし・・安心しな。」
私はそう言うとマグカップを受け取った。
スーッと静かに紅茶をすすり飲むと、吐く息は暖かいものへ変わる。
「お前女じゃねぇだろ。ここよりも汚ねぇ家なんかねぇぞ。」
秋杜はまた、頭を掻き回した。
私はクッと鼻と口を押さえた・・・。
「お前風呂入れよ、不潔っぽい」
コホッとむせるように咳払いをすると、私は秋杜か
距離を離した。
「うざ。」
秋杜はそう言って私を睨みつけた。
こんな、くだらないお喋りが・・落ち着く。
[No16] 2004/12/24 17:34info


落ち着く場所

「はっあはあ・・はあ・・」
気がつけば私の上半身は起き上がっていた。
夢だったのか。
当たり前のようだけれど、あれが現実だったら・・
と考えるとかなり恐ろしい。
「く・・・。」
足の裏が冷たい。
あんな夢を見たからだろうか。
けど・・・感触や冷たさがわかる夢だなんてあまり見ない。
「秋杜のとこ行こ。」
私はベッドから降りて、茶色のダッフルコートを着た。
暖かい毛皮のマフラーを首に巻き、鍵と携帯をポケットに入れる。
「あ、鍵・・閉めなくちゃ」
外に出て、何歩か歩いてから気がついたように家へ後戻り。
鍵を閉めるとまた前へ。
エレベーターで考えることも、夢の話。
「秋杜ー出ろ~」
私は三階の一号室へ着くと、チャイムを鳴らす。
秋杜は二回違いで、私が五階の秋杜が三階だった。
だから、何かあればいつも秋杜の家へ行く。
「あぁ?またお前かよ。」
うざそうな顔で頭を掻き回す。
不潔そうなその仕草が私の目に焼きつく。
「悪かったね、親がいないんだよ。入れて」
そう言うと私はズカズカと秋杜の家に入り込んだ。
秋杜は、はあ・・と大き
[No15] 2004/12/24 17:21info

唯笑



唯笑

夢・・2

夢の世界。
**********
「どこ・・?」
気がつけば私は、闇の中にある小さな光だった。
自身の周りが柔らかく輝き、私だけが目印っていうくらい。
床はつるつると滑りやすく、掌で触れてみれば冷たかった。
そう、氷の上。
「やだ・・ナニモナイ。」
私は一生懸命歩き回るけど、見事に何にもない。
あるのは闇と、氷と・・私自身。
だけど、ずっと遠くから小さな光が・・・。
「アナタハエラバレタ、アナタハエラバレタ、シヲオシムコトモナク、チュウジツニアルジニシタガウコトヲメイジラレタワタシは、アナタヲアルジニシ、アナタニチュウジツニシタガウコトヲチカウ。」
鳥だった。
大きな、光り輝く鳥。
カタコトだったので聞き取りにくかったけど、「私に従う」ということだけはわかった。
けれど、唯一聞き取れたその言葉の意味さえも私はわからない。
「イヤぁぁぁアアァァァアァァァァァアァァア!!」
私は大きく叫んだ。
ただただ、叫べばここから出ることができると思ったから。
逃げたかった―――。
[No14] 2004/12/24 09:43info


「本当、今日は色々あったから疲れちゃった・・・。」
私は呟くと、寝室へ向かった。
フラフラと回る頭を左手で支えながら歩く。
「何も起こりませんように。」
いつもなら三秒で眠りにつくこの私が。
両手を綺麗に揃えて願うように窓の外を見つめる。
外では強く・・雨が地面を叩いている。
すぅーっと寝息を立てる。
三秒もしないで深い眠りに入った。
夢だなんて、見るものじゃない・・・・。
[No13] 2004/12/24 09:33info

唯笑



唯笑

Res

夏(じゃあ呼びタメでv)、投票してくださった方、ありがとうございます^^
夏>
じゃあ、呼びタメでv
私も呼びタメ全然OKだから!
青字は読みにくいですか・・・。
じゃあ、緑にしようかな^^(濃)
アドバイスありがとうv
投票してくださった方>
おもしろいと言ってくださってありがとうございます!
ところで、どの辺りがおもしろいでしょう?
もしよければ教えてくださいv
それでは^^
[No12] 2004/12/24 09:19info


ニュース

「「最近、夢見子という特殊な力を持った・・・」」
”緊急ニュース”で、アニメが途中で中断された。
私は一息つくと、紅茶を温めた。
「パソコンやろうかな。」
私はそう一言呟くと、パソコン台の前にあるいすに座った。
よく熱された紅茶の入ったマグカップに、そうっと息を吹きかける。
「つまんないな。」
私はパソコンに届いた千通のメールをだーっと流し読みするが、ほとんどが抽選やらのメールだった。
その中に一通だけ、気になるメールがあった・・・。
「件名:*今話題の夢見子がいた?!*
本文:
今話題の”夢見子”東京都にお住まいのKさんの話によると、「東京のC町に夢見子がいる」との情報が。
名前は M.K。
もし見つけたら今スグここへ!
http://www.12.ee/yumemigo/html/」
C町って・・家の近く・・・?
M.K・・・?
未由 如月・・・?
「考えすぎよね。」
私は自分に言い聞かすと、熱い紅茶をすすった。
これから何が起こるかも知らずに―――。
[No11] 2004/12/23 21:16info

唯笑



唯笑さん

私もタメ・呼び捨てOKです。^^
良いところ=話が面白い 行があいていて読みやすい
悪いところ=う~ん・・ 特にないです。
でも、色が青って言うのがすこし見にくいかも^^:
でわ!
[No10] 2004/12/23 21:12info


Res

夏さん、投票してくださった方・・ありがとうございます。
夏さん>
ありがとうございます^^がんばりますねv
もしよければ、どの辺りがよくて
どの辺りが悪いかを教えてくださいますか?
(とても気になるので)
それと、私はタメOKなのでよろしくお願いします^^
投票してくださった方>
つまらない。という項目に投票してくださった方・・
もしよければ感想を述べてくださいませんか?
そうでなければ、私は一生つまらないままで終えてしまうので・・・。
よろしくお願いします。
 それでは^^
[No9] 2004/12/23 20:47info

唯笑



唯笑さん

やっぱり面白いです。これからも頑張って下さい^^
ゆえ さんですか。かわいい名前です!!
[No8] 2004/12/23 12:51info


ページ2次へ



Copyright 1999-2017 Oriran, Inc.