oriran
真・リレー小説 2人利用中メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > [魔法戦争] > ランキングテーブルBBS
一覧(完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中掲示板

真・リレー小説

ページ1

魔法戦争

No.1893
開始 2004/12/30 20:10
終了 2005/12/30 20:10
確定
1位.

おもしろい

1票
1位.

つまらない

1票
3位.

まあまあ

0票
[ メッセージの書き込み ]
タイトル
名前登録ユーザは独占名使用可能
メッセージ (400文字まで)0文字



ァュミ

飛鳥サン

その気持ちダヶでも十分です!!
ゎかったいただけただけでもィィので☆
それでは頑張ってクダサィ!!
[No6] 2004/12/30 22:00info


第一話

「あのね、エメラルド様直々に、役をもらえることは嬉しいのよ?けど、魔法戦争の兵士に選ばれるなんて・・・」
私はハルと一緒に魔界の喫茶店へ足を運ばせていた。
「うん、そうだよね。だって、僕たちが死んじゃったら・・」
ハルはそう言ってガクガクと手を震わせる。
一言で言ってしまえば弱虫だ。
「そういうことじゃなくてさぁ。」
私は大きく一つ溜息をついた。
カフェから見える青空が、もうすぐ汚れる。
「大丈夫だよ。僕たちがこの国を汚すんじゃなくて、僕たちがこの国を守るんだからね。」
ハルはそう言うとジューッと飲み物を最後まですすった。
「ふふ、いつもそんなこと言ってれば、もっとモテるのに。」
私はそう言ってクスクス笑った。
て、言うか・・元々モテるんだけどね。
「うん、それでこそ僕のユラだ。」
ハルはそう言って満面の笑みを見せた。
私はその言葉に応じるわけでもなく・・
「空が、青いね」
とだけ言った。
だって、恥ずかしかったもの。
冗談とはいえ・・・?
この青空を・・守り通そう。
私たち二人の力で。
[No5] 2004/12/30 21:58info

飛鳥



飛鳥

ァュミさん

レスありがとうございます^^
そうですね、少しまとめすぎましたかね?
これからもう少し書きやすくしてみますね^^
アドバイスありがとうございますね。
ある程度は直せるかもしれませんが、完璧はムリだと思うので・・・。(汗)
できるだけがんばってみますね^^
読んでいただいてありがとうございますv
[No4] 2004/12/30 21:42info


飛鳥サン

ァノー・・・全然文句トヵぢゃぁーないんですけど・・・
もしょかったらもぅ少し見やすくして下さい!!
ゴメンナサィ・・・ァ!!でもコレが飛鳥サンの書き方ならこれでいいんで!
すみません・・・変な要求で・・・
出来たらお願いします・・・
[No3] 2004/12/30 21:34info

ァュミ



飛鳥

プロローグ

「闇魔法使い、ユラとハルを魔法戦争の兵士に任命する・・・尚、ユラとハルの―――」
魔界の城アバラスタでは、”魔法戦争”と称される、醜い争いの兵士を決めている。
私や、私の親友・・ハルも、魔法戦争で共に仲間として戦い、その血を争うことになる。
醜い戦争で、何人もの人間を?
「この魔法戦争で、勝利を持ち帰ったものには―――」
魔界の女王、エメラルド様の声が大きく響く。
マイクも何も使ってないのに・・。
エメラルド様は、容姿端麗だし・・美人だし、知識にも優れている。
これぞ完璧なお方だ。
「魔界での王位なる称号を与える。」
エメラルド様の一言と共に、周りの人間達の歓声が聞こえる。
ただ、私とハルだけは乗り気ではなかった。
確かに、大きな称号・・?を貰えるのは嬉しいけど。
この国がボロボロになって、ただ人々だけが生き残っても嬉しいわけがない。
だけどこの戦いは、誰にも止められない―――。
[No2] 2004/12/30 20:22info


登場人物

ユラ
♀・闇魔法使い
明るい性格で、可愛い顔をしている。
ハル
♂・闇魔法使い
基本的に考え方が暗いが、明るい性格。
顔も良く、人気者。
[No1] 2004/12/30 20:12info

飛鳥


ページ1



Copyright 1999-2017 Oriran, Inc.