oriran
真・リレー小説 2人利用中メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > [先生!!] > ランキングテーブルBBS
一覧(完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中掲示板

真・リレー小説

ページ3次へ

先生!!

No.1896
開始 2005/01/02 21:07
終了 2006/01/02 21:07
確定
1位.

面白くない。。

3票
2位.

面白い!!

2票
[ メッセージの書き込み ]
タイトル
名前登録ユーザは独占名使用可能
メッセージ (400文字まで)0文字


翻訳(?)

ごめん、№20の意味不明だよね。
簡単に言うと「やっぱり夏は上手いし、
それから面白いよ!後私の小説にレスしてくれて
ありがと」って意味なんだ・・・。これからも頑張れ☆
[No21] 2005/01/11 12:47info

マフィン



マフィン

上手いよ

上手いし、面白い!
それから,レスありがと!
[No20] 2005/01/10 19:40info


☆ももも様☆

そうですか!?パクリ・・
先生の話読んでことあるんですが、最初の方忘れてしまいました。。
ちょっと読み直して、似ないようにします。レスありがとうございました。
でも、この話は結構よくある話を小説にした物です。
問題児の話なので。。言い訳すみません
[No19] 2005/01/10 17:51info




ももも

いやいや

完全に先生の話のパクリじゃん…
[No18] 2005/01/08 22:49info


第四話「秘密」

「あーもー・・授業始めるから座ってなさい」「どうも!センセ」 ・・はぁ。何か朝から家に帰りたくなって来たよ。何かだるい・・・
    「じゃー自己紹介始めます。」
「誰から?」「・・先生が順番に適当に当てていく」「じゃ、最初は先生ね。俺先生の名前知らないし」
   あ、そっか。忘れてた。・・じゃ始めよう
「えっと、先生の名前は『夏川たつき』!25歳のA型で、このクラスの担任!家族構成は《父・母・兄・私》だ!」
あたしは黒板に大きく自分の名前をかいた。
「じゃあ次は・・えっと山元太陽!適当に自己紹介しなさい」
「俺かよ・・『山元太陽』13歳でO型です。ハイ終わり」
「家族構成は?」「・・嫌だ。はい次・・!!」
「何で嫌なの?」「うっせぇな・・嫌なもんは嫌な・・」
「高岸心です。13歳でA型の2月生まれ。家族構成は《父・母・私・妹》終わりです」
      「・・・・・・・・・」クラスが静まった。
太陽が家族構成を言えないように、自分が進んで自己紹介をしたのだ。
 言い終わると静かに座り、太陽をみて笑った。
[No17] 2005/01/07 10:31info




☆あr様☆

うわっ本当ですね・・
誤るじゃなくて謝るでした。^^:
ごめんなさい。言ってくださってありがとうございました!
[No16] 2005/01/07 10:10info


あr

誤るじゃなくて謝るですよー^^
[No15] 2005/01/06 15:35info

あr



第三話「授業開始」(切れた続きから話続けます)

「てめぇら小学生かぁ!!やったのはその大笑いしてる男子だろ!?そーだろ!?」
あたしは、ほかの生徒に聞いた。
そしてまだ笑っている男子にあたしは黒板消しを投げた。
「はい。そのバカ男子でーす」一人、女子が手をあげて立って答えた。
「そうか。コイツの名前何?」あたしは、顔を拭いているコイツの方を指差した。
さっきあたしが投げつけた黒板消しの粉が顔に付いてしまったからだ。
     「山元太陽でーす」
「たいよう・・コイツらしい名前・・教えてくれてありがと」
すると山元がいきなり立ってあたしの方をみた
「先生座ってええ?」「は?」
「だからな、自分の席座ってええか?って聞いてんねん」
「・・・誤ったら」「すんませんでした。・・ええか?」
・・・顔にまだすこし白い粉が付いている顔でニヤッと笑った。
[No14] 2005/01/05 12:03info


第二話「2年A組」

キーン コーン カーン コーンーー・・
「はぁっ!?一時間目始まるっ!もー何処だよ・・2年A組・・」
 あたしはもう10分くらいこの校舎を走り回っている。息も荒くなっていた。
   あたしはもう一度この階を走り回った。
 「あっ!あった2年A組・・やった!!」
わたしは全速力を出して2年A組のクラスの前に来た。
でも、ずいぶん騒がしいな。生徒は何人くらいだろ?
そう思って、あたしはクラスの窓に入ってあった「クラス表」を見た。
 「えーっと・・34人か・・多いんか??・・まっいいや。クラスに入ろう」
 ガラッ   あたしがドアを開けたその時だった。
ボトッ  ・・・・・?何か今・・
「引っかかったーー!!!!!!!」
 一人の男子がお腹を抑えて大笑いしている。
 そう。・・・あたしの頭にドアに挟まってた黒板消しが落ちてきたのだ。
  あたしはとっさに頭に載っている黒板消しを取った。
「最低・・・あたしの黒髪が白髪になっている・・」もう自分の髪を見なくても想像で分かる。
 そしてあたしはあたしは黒板消しを握り締めて言った
「てめぇら小学
[No13] 2005/01/05 11:43info




☆マフィン(元 加代)☆

えっ呼び捨てでいいよ!全然!誤らなくてもいいからね^^
あ。私も掲示板見たよ!名前マフィンって可愛いじゃん!
誤らなくていいよ!!報告ありがとう!
[No12] 2005/01/04 11:16info


ページ3次へ



Copyright 1999-2017 Oriran, Inc.