oriran
真・リレー小説 2人利用中メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > [大好きなあなたへ。] > ランキングテーブルBBS
一覧(完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中掲示板

真・リレー小説

ページ1

大好きなあなたへ。

No.1919
開始 2005/01/14 17:48
終了 2006/01/14 17:48
確定
1位.

めっちゃ下手。あり得ない。

4票
[ メッセージの書き込み ]
タイトル
名前登録ユーザは独占名使用可能
メッセージ (400文字まで)0文字


は?

だったらテー立てないでよ。下手でもいいじゃん。なお最低。逆にこーゆーのが迷惑なの!馬鹿じゃないの!?
[No7] 2005/01/28 17:00info




なお

下手ですか・・・

すみません><
下手下手ですょね・・・・。
では・・・この小説は書かない事にします・・・。
削除希望をおねがいします。
[No6] 2005/01/26 19:51info


めっちゃ下手。あり得ない

つまんなーい。よくこんな小説皆に見せられるよねー。うっわ…恥ずかしい~
[No5] 2005/01/15 09:52info

投票した人



(@○@)

めちゃ②下手なんですけど・・・

何これ・・・
下手すぎ、あり得ない。
もっと書き方学べ
会話文ばっかで良くわかんねー
[No4] 2005/01/14 21:49info


[No3] 2005/01/14 19:42info

投票した人



なお

切れてました;;②

手をつないで、またキスをした。
帰る時間になった。
自転車で2人乗りして家まで送ってもらった。
コウは切なく笑って、私を抱きしめた。
「また明日、会おうね。」
『会うよ。』
「うん。分かってる。じゃね。」
コウは私に手を振って、自転車に乗った。
私はコウの背中を見守った。
コウが見えなくなると、私は家に入った。
[No2] 2005/01/14 18:59info


「ねぇ、ユウ。」
『何?』
「俺のこと好き??」
一緒に遊んでる彼氏が急に何を言うかと思えば・・・。
『はぁ!?好きだよ。だから付き合ってるんじゃん』
「そう?ありがとー。」
『急に何言い出すかと思ったら・・・。コウは違う訳?』
呆れていうと、コウは真面目に私の顔を見て言った。
「俺さぁ、付き合う=好きって違うと思うんだよね。」
『何が言いたいの。』
「いや、だから心配になっただけー。」
『あ、そう。』
「大丈夫。俺はユウの事好きだよ。」
『ありがと。』
呆れたように笑うと、コウと私は静かにキスをした。
「なんかさぁ、こういうのロマンチックじゃない?」
『んー、良く分かんない。』
「ロマンチックだよ!!」
『じゃあ、そうなのかもね。』
「そうだよ。」
『なんかコウ。ムキになってる。』
そういうと、コウは話を変えた。
「明日また会えたらいいね。」
『会えるよ。』
「死んだらどうすんの。」
『死なないよ。また明日会うから。』
手をつ
[No1] 2005/01/14 18:08info

なお


ページ1



Copyright 1999-2017 Oriran, Inc.