oriran
真・リレー小説 1人利用中メニュー検索ヘルプ
オリラン > ユーザテーマランキング > [真・リレー小説] > [少し前へ] > ランキングテーブルBBS
一覧(完了/BBS新着/おすすめ)ランキング作成投票受付中掲示板

真・リレー小説

ページ1

少し前へ

No.1932
開始 2005/01/27 15:56
終了 2005/02/27 15:56
確定
1位.

面白い★

1票
1位.

普通★

1票
3位.

下手

0票
[ メッセージの書き込み ]
タイトル
名前登録ユーザは独占名使用可能
メッセージ (400文字まで)0文字



投票した人

面白い★

けど、『~』は「~」にした方がいいよ
[No4] 2005/01/28 22:22info


きれましたぁ

あやかは笑った。
[No3] 2005/01/28 16:31info

弧棠



弧棠

第一話

とある学校の教室。
転入生が来ていた。
『S県から来ました。水無月あやかです』
教室はザワザワしていた。
『転入生だってぇ~』
『マジ真面目面じゃん?!』
そんな言葉も飛び交う。
『・・よろしくお願いします』
-----私は 昔 いじめられていた
『じゃ、水無月さんの席は
 相葉君のとなりです』
先生が言った。すると、いち早く、
『あ、水無月さん!こいつが相葉って言うよ』
と、前の席の男子が言ってくれた。
「相葉」と言う人は、寝ているようだった。
『ひひッ、こいつ、寝てるよ(笑)』
少し、教室が笑いになった。
『あ・・・どうも・・・』
-----人が怖い
あやかが席に着くと、相葉の居場所を教えてくれた
男子が、あやかに言った。
『おっと、オレ、新垣彩斗!』
と、ふざけ半分なのか、笑いながら紹介してくれた。
『何紹介してんのよぉ!』
と、今度は、彩斗のとなりの女子が話しかけた。
---------この学校では、やっていけるのだろうか?
不安を抱えながら、あや
[No2] 2005/01/28 16:00info


テー作ですw

初めて小説を書きます♪
下手でしょうけど読んで見て下さい☆
+++プロローグ+++
『少し前へ』
  進んでみたいと思う。
過去なんて忘れて。
全部忘れて。
ホントに何もかもふりだしで・・・
--------------------------------------------
プロローグですw
また、10分後、更新しますwでゎ。
[No1] 2005/01/27 15:58info

弧棠


ページ1



Copyright 1999-2017 Oriran, Inc.